杉並区のマッサージサロン【睡眠】睡眠環境

2020/07/21 ブログ
logo

こんにちは

ドライヘッドスパ専門店リホイミです。

 

最近は気温も上がり、夜も蒸し暑く眠りが浅くなることがあります。

睡眠の質を上げるためには睡眠環境も大切です。

 

睡眠時は身体と脳を休めることに集中します。副交感神経を優位にして深い睡眠に入ることが望ましいです。

・光

光は交感神経を高めます。睡眠前は携帯やパソコンの光はなるべくさけ、部屋に入る光も抑えます。遮光カーテンや雨戸を使うのもいいです。

・音

音楽を寝る前にきくのは問題ありません。落ち着く音楽、オルゴールやヒーリングミュージック、歌がないインストのみの曲など。雨の音や風で木々が揺れる音、波の音もいいといわれています。

・温度

私達の体温は睡眠時に少し下がります。寝る前に少し身体を温めて寝ると体温が下がってくる頃に寝つきやすくなります。就寝の2時間ほど前にお風呂に入ったり手足を温めるストレッチをするのがいいです。

また部屋の温度も大切です。

夏は25〜26℃、冬は22〜23℃ほどがいいといわれています。少し涼しいくらいがいいです。部屋が暑かったり寒すぎたりすると寝付けなかったり途中で目が覚めてしまうことがあります。

湿度は50〜60%ほど

熱帯夜な日は空調をつけたままで寝ることもすすめられています。

風が直接体にあたったり、冷えすぎないように注意が必要です。

 

眠れないことはストレスになります。

快適な眠りがとれるよう環境を整えてみましょう!

 

セラピスト 宮下