井荻のマッサージサロン【健康】腸内環境

2020/05/22 ブログ
logo

こんにちは

ドライヘッドスパ専門店リホイミです。

 

本日は腸内環境について

知ってる方も多いと思いますが腸内環境を整えることでメリットがたくさんあります。

腸内には細菌が存在してます。

・善玉菌…腸内を整えたり、免疫力を高める、腸の働きを活発にする

・悪玉菌…臭いの元、有害物質を作る

・日和見菌…善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢な菌の味方になる

この3つの菌バランスが2:1:7で、バランスよく保つことが重要です。

 

メリット

①太りにくくなる

善玉菌が減ると老廃物が溜まりやすく、それを分解して有害物質ができ血流を悪くしてしまいます。(ドロドロ血液)血流が悪くなると栄養が細胞に吸収されにくく脂肪になってしまいます。

②ストレスを感じにくくなる

胃腸は副交感神経が優位のときに活発になる。逆にストレスは交感神経を高めるので、ストレス耐性を上げストレスを感じにくくするために腸内環境は大切です。

③アレルギー反応を起こしにくくする

体に入ってくる異物を免疫機能が排除できずに起こるのがアレルギーです。免疫細胞は7割腸内に生存しています。

 

・善玉菌を増やす食事

乳酸菌と食物繊維

乳酸菌…ヨーグルト、ぬか漬けやキムチなど発酵食品に多く含まれています。

食物繊維…水溶性食物繊維は水を含み便を柔らかくしてくれます。不溶性食物繊維は水を含み便の量を増やしたり、腸を刺激します。

きのこには不溶性食物繊維が多く含まれ、腸内細菌を減らさずに腸の働きをよくしてくれる食材です。

 

自粛期間中、生活習慣の変化から体調を崩さないよう腸内環境を整えていきましょう!

 

セラピスト 宮下