井荻のマッサージサロン【セルフケア】背中

2020/05/14 ブログ
logo

こんにちは

ドライヘッドスパ専門店リホイミです。

 

皆さん、お家で過ごす時間が増え運動量が減った方も多いと思います。

人それぞれ体の状態は違うと思います。

本日は背中にある筋肉、僧帽筋について簡単にご紹介します。

 

僧帽筋とは背中の1番表面にある筋肉です。腕の筋肉の働きを助け、肩甲骨を正しい位置に安定させる役割があります。

上中下の部分で少しずつ役割が異なります。

上部は鎖骨や肩甲骨を引き上げる

中部は肩甲骨を上げたり引き寄せたり、正しい位置に保つ役割

ここが開いたままだといわゆる「スマホ首」で猫背や首の疲れになります。

下部は肩甲骨を下げる

 

僧帽筋の働きが悪くなると?

・首、肩、腰、背中のこり

・猫背になりやすい

・顎が前に出た姿勢に

・肩甲骨が埋もれ、背中が老けた印象になる

・背中に無駄な肉がつき、丸くなりぽっこりお腹になりやすい

・バストラインが下垂

 

僧帽筋をほぐして本来の働きをしっかり行えるようにすることでこりの解消やスタイル維持に繋がります。

ヨガの正しい姿勢や肩甲骨のストレッチがおすすめです。

以前のブログにもストレッチをいくつかご紹介してますので参考にしてみてください!

 

セラピスト 宮下